イメージ画像

コットンでお手軽パック


コットンでパックする方法は、とても手軽で、効果的なお手入れ法です。

テレビや雑誌などでも、よく紹介されていますね。有名な女優さんや、美容研究家たちもコットンパックを推奨しています。

やり方はとっても簡単です。

◇普段使っている化粧水を、コットンにたっぷり含ませます。

◇そして、コットンを薄く、4~5枚程度にはがして分けていきます。

◇薄くはがしたコットンを、顔に敷き詰めるように、のせていきます。

◇数分間、このままの状態で放置。

あまり長い時間コットンを顔に貼っておくと、コットンの水分がなくなり、逆にお肌の水分がコットンに移行してしまうので、時間を置き過ぎないようにしましょう。

普通に化粧水をつけるだけの時と比べると、お肌の状態が明らかに違います。

水分をたっぷり補給されて、ふっくら、モチモチした感じになります。

朝の忙しい時間にも、コットンを顔につけたまま、いろんな用事を済ませられますから、とても便利なお手入れ法です♪

2011/02/09

保湿が大事

モテ肌になるために、お肌の保湿を考えることはとても大切です。

お肌の保湿がうまくできていれば、見た目にもしっとりした美しいお肌になりますし、自分でお肌に触れた時も、モチモチとした気持ち良さを味わうことができます。

でも、この保湿って、結構難しいんですよね。

お肌が乾燥しがちで悩む人は、女性は結構多いと思います。

化粧水などでたっぷり水分を補給したつもりでも、その水分がすぐに失われてしまったりすることもあります。

また、お肌自体に、水分を取り込む力がなく、せっかく与えた水分がうまく吸収されないこともあります。

毎日のメイク落としや洗顔のたびに、洗浄力の強いアイテムを使い過ぎ、お肌に負担をかけて、保湿機能が失われていることもあります。

保湿のために、保湿成分たっぷりの化粧水を使うのも良いですが、お肌のことをトータルに考えて、一つ一つのケアを丁寧にすることも大切です。

高価な化粧水を使っても、お肌の保湿力がイマイチという場合は、メイク落としや洗顔に原因があることもあります。

 

[お役立ちモテ肌リンク]


 

 

 

2011/02/03

化粧水の選び方

化粧水は、洗顔をした後、必須のアイテムです。

長年同じ化粧水を使い続けていて、自分のお肌にぴったり合っているという人は、幸せな人。

なかなか自分に合う化粧水が分からず、肌トラブルに悩むたびに新しい商品を試している人もいるでしょう。

化粧水の目的は、お肌の保湿です。

洗顔しただけでは、すぐにお肌が突っ張ってきてしまうので、化粧水で水分を補給する必要があります。

化粧水には、「さっぱりタイプ」と「しっとりタイプ」の2種類があることが多いですね。

好みの使いごこちでどちらかを選んでいる人もいると思いますが、実際に自分のお肌に合っているのか、悩むこともあるでしょう。

また、全体的に乾燥しがちだけれど、Tゾーンだけは脂っぽいという混合肌の場合、どの化粧水を選んだらよいか、迷いますね。

化粧水をお店で直接購入する人は、お肌診断をしてもらうと、自分にぴったりの化粧水が分かって良いと思います。

なんとなく肌診断を受けることに抵抗があったり、近くにそうしたお店がない場合は、通販で購入することもできます。

通販化粧品のattenir化粧品は、タイプ別の選べるトライアルセットのお試しから始めることができます。

 

2011/01/29

自分にあった洗顔料選び

洗顔料には、チューブ入りの洗顔フォームや洗顔パウダー、石鹸など、いろいろな種類があります。

旅行先などで、いつもと違う洗顔料を使った時、お肌の状態が違ったりしませんか?

洗顔料によっても、お肌の状態は変化します。

とくに敏感肌の方や、お肌に何かトラブルをかかえた方は、注意して洗顔料を選んだ方が良いでしょう。

また、これまで使っていた洗顔料を変える時は、様子を見ながら切り替えていきましょう。

たとえば、洗浄力の強い洗顔料を初めて使う時などは、お肌の弱い方は、少しずつ慣らした方がいいかもしれません。

洗顔料を変えたことで、大人ニキビに悩まされていたお肌がツルツルになったり、毛穴の開きが気にならなくなったということはよくあります。

今のお肌の状態がイマイチだな、と思っていたら、洗顔料を変えてみるのも一つの方法です。

ただ、お肌のトラブルなどは、食生活やストレスにも大きく左右されますから、洗顔料を変えただけではダメな場合もあります。

2011/01/19

洗顔方法いろいろ

モテ肌のためには、正しい洗顔をすることはもちろん大切。

洗顔は、朝晩する人が多いと思いますが、正しい洗顔をしている人は意外と少ないのかもしれません。

自分に合った、正しい洗顔方法を教わる機会って、なかなか無いですからね。

自分のお肌を鏡でよく観察して、ツヤやハリがあって、くすみも無ければ、そのままの洗顔方法でも大丈夫かもしれません。

でも、お肌の状態がイマイチだったり、肌トラブルがあるような場合は、洗顔を見直してみると良いでしょう。

一口に「洗顔」といっても、いろいろな方法があります。

  • 洗顔フォームで洗顔
  • 石鹸で洗顔
  • パウダータイプの洗顔料で洗顔
  • 泡立てネットを使って、たっぷりの泡で洗顔
  • スクラブ洗顔
  • 洗わない洗顔
  • ぬるま湯だけで洗顔
  • ダブル洗顔
  • 洗顔ブラシを使って洗顔

これらの洗顔は、たまたま購入した洗顔料を、とくに考えもなく使い続けている場合もあるでしょうし、本やテレビを参考にして行っている場合もあるでしょう。

大切なのは、洗顔方法が、自分のお肌に合ったものであることです。

 



 


2011/01/13

肌にうるおいとなめらかさを

肌にうるおいとなめらかさを出すための効果的なお手入れを紹介します。

毎日のちょっとした手間が、数年後の肌年齢に差を付けます(*ゝ▽・)b


角質層のケア

まず、角質層のケアです。
肌のキメは、正常な新陳代謝があってこそ。

新陳代謝がスムーズであってこそ初めてキメが整います。

だから、古くなった角質が肌に必要以上に残っていると、
新陳代謝を鈍らせ、皮脂の分泌も正常にできません。

また、毛穴に皮脂や汚れをためるとニキビができやすくなります。

スクラブ洗顔やパックで厚くなったいらない角質を取り除き、清潔で、キメの整った肌を保ちましょう。

クレンジング、大事です!

クレンジングを丁寧におこなうことで、毛穴にたまった汚れを残さないようにしましょう。
汚れや皮脂がたまりやすい小鼻、Tゾーンは特に念入りにクレンジングしましょう。

保湿美容液

そして、忘れてならないのが保湿用美容液です。
保湿効果の高い美容液を使いましょう。

保湿用美容液を使うことで、肌の乾燥を防ぎます。

肌の乾燥はお肌の大敵!!
乾燥はシワになりやすく、肌を早く老化させる大きな原因だからです。

紫外線対策も忘れてはいけません!

紫外線は4から9月頃が最も強い時期です。
紫外線対策、必ず必要です!

外出するときはもちろん、家にいるときでさえもです。

また、忘れがちなのですが、紫外線は冬でも注がれます。
冬だからと安心ぜすに、日中外出するときは
日焼け止めクリームで紫外線対策をして出かけましょう。
UV化粧品は、日焼け止め効果の高い数値だけで選ぶより、
肌に負担の少ない成分のクリームを選びましょう。

なぜって、
数値の高いクリームはそれだけ肌に負担も多い場合があるからです。

2011/01/08

美肌・モテ肌・理想の肌になる

美肌・モテ肌・理想の肌♪って
肌を指で押すと、戻ってくるお肌。
手がくっつく感じ。ぷるぷるお肌。

鏡に映った私、久々にじっくりみてみると
脂浮きしているのに目や口周りはなんか乾燥してる。

肌のくすみ、ちょっと気になる。
肌のたるみも、ちょっと気になる。

目もとに、シワ。あぁ、、、いつの間にか。

これっ!!どうにかならないっ!!
もうダメなのかしら。。。

いえ、あるのです!ぷるぷるお肌に近づくこと。
お肌の表面とお肌のなかからケアすることで。

お肌の内と外のケアを合わせて行うことで、
肌を生きいきと若返らせ、理想の肌に近づけることができるのです!

まず、美肌、モテ肌、理想の肌とはどのような肌なのでしょうか。

それは、うるおいがあって、なめらか、そして、ハリや弾力があって血色の良いお肌。
そう透明感があってバラ色のお肌。

肌に一番必要なものは、なんといっても水分です。
肌って水分をたっぷり含むと、ふっくらとしキメが整って見えます。
化粧水の浸透がよいので透明感も出てきます。

反対に水分が不足していて、潤いが足りないと、
Tゾーンは脂っぽく脂浮きしているのに、目や口のまわりなどはカサカサに。

こんなときはお肌に水分補給をしましょう。
しっとり美肌、モテ肌にするために。
いきなりいろいろ肌に塗ってもダメなのです。

水分補給が先!オススメなのが「ローションパック」。
ゆったりした気分で。

明日、大切な人に会う!とか、面接があるの!なんてとき、
ここ一番という時、「水分補給」が大切です。

しっとり美肌・モテ肌・理想の肌になりましょう。 

2011/01/05

このページの先頭へ