イメージ画像

リフトアップ

年齢とともに気になってくるのが、顔のたるみ。

とくに頬のあたりの筋肉がゆるんできて、鏡を見た時とか、自分が写った写真を見た時にギクッとすることがあります。

重力にしたがっていろんなものが下がってくるんですよねぇ。
時々頬を引っ張りあげてみるんですが、こんなんで効果あるかな?と疑問に思ってやめてしまいます。

雑誌とかを見ていると、「リフトアップ」という言葉が目につくようになりました。

たるんできたお肌を上に引き上げるリフトアップ。

自分で気長にマッサージしてリフトアップ効果を目指す方法もあるし、エステや美容外科などで、プロの手におまかせする方法もあります。

私はあまりお金をかけたくないので自分でやりたいんですが、即効性がないと、すぐやめてしまうんですよね。

でも、ここであきらめたら下がる一方なので、「継続」が大事ですね!


タグ

主流は美白

昔は小麦色の肌が人気でしたが、最近はすっかり美白が主流。

紫外線がきつい季節になると、なるべく日焼けしないよう、細心の注意を払って生活しているのではないでしょうか。

とくに外出する機会がある人は大変です。

外回りの仕事についている人は、サングラスをかけたり、何度も日焼け止めを塗り直すことも難しいことが多いでしょう。

主婦の方とか、家や建物の中に居られる人は、夏にはなるべく室内で過ごすという人も多いですね。

美白の第一は、やはり日焼けを防ぐことですから。

色白で透き通るようなお肌の女性を見ると、同性でも憧れを感じてしまいます。

今のお肌を、美白することはできるのでしょうか?

お金と時間に余裕のある人は、エステに行くという選択もありでしょう。

化粧品でも、「美白」を追求したラインがありますので、そうした化粧品を使うのも良いと思います。

美白対策は、すぐに効果があらわれるわけではないので、根気良く続ける必要があります。

でも、今努力するとしないとでは、数年後に差が開いてきますから、未来を信じて頑張りましょう!


 

タグ

日焼けを防ぐ


こんがり日焼けした小麦色の肌が好まれた時代もありましたが、ここしばらくは、美白を追い求める人の方が多いようです。

紫外線の悪影響も、あちこちで指摘されるようになり、多くの人が紫外線対策を行うようになりました。

春先から夏にかけての日差しが強い時期は、徹底的に紫外線をガードし、日焼けを防ぐようにする人が増えています。

顔をすっかり覆うようなサンバイザーや、日よけの腕カバーをする人も多いでしょう。

アウトドア好きの人は、要注意ですね。

外にいると開放感もあり、つい顔や腕などの日よけが不十分なまま過ごしてしまいがちですが、後で後悔することのないようにしたいものです。

顔に日焼け止めを塗っていても、それで満足してはいけません。

日焼け止めの注意書をよく読んでほしいんですが、数時間おきに塗り直す必要があります。

うっかり日焼けしてしまうと、お肌は大きなダメージを受けます。

そして皮膚の老化が進み、やがてシワが目立つようになってしまいます。

普段のスキンケアはもちろん大切ですが、日焼けを防ぐことも意識して過ごすようにしましょう。

 

タグ

泡で優しく洗顔

洗顔といえば、顔をゴシゴシこするのはタブー。

泡でつつみこむように、優しく洗うのが良い、という考えが一般的になっています。

普通の石鹸を手で泡立てようとしても、なかなか泡立たないと思います。

でも、泡立てネットを使ったり、泡がたちやすい洗顔料を使えば、モコモコの泡になります。

洗顔の時は、手で顔をこするのではなく、手と顔の間の泡をやさしく転がすように洗うそうです。

当然ですが、すすぎはしっかりと、泡が完全になくなるまで行います。

また、ネットやスポンジを使った場合は、よくすすいで、乾かすようにしましょう。

ネットに雑菌が繁殖しては、何にもなりませんからね。

以前は顔をこするようにして洗顔していた人が、しっかり泡立てる洗顔に変えてから、お肌の調子が良くなったという話はよく聞きます。

力をいれてゴシゴシこすることで、かえってお肌を傷めていたのでしょうね。

洗顔料をたっぷり泡立てると、お肌の汚れを吸着し、すっきりと落としてくれるのです。

 


 

 

タグ

毛穴の詰まりを取る


忙しくてなかなかお肌のお手入れをする時間がない時とか、ちょっとスキンケアをさぼり気味になってしまった時、毛穴の汚れが気になることがあります。

メイクを落として素顔になると、鏡に近付いてお肌をジーッと眺めたくなるもの。

とくに鼻の頭にブツブツとした黒い毛穴が目立って見えると、本当に気になって仕方がありません。

でも、毛穴の詰まりって、取ろうと思っても、すぐには取れないんですよね・・・

手っ取り早く、毛穴パックなどを使いたくなりますが、ケアの仕方を間違えると、お肌をいためてしまうので、おすすめできません。

地道なやり方ですが、蒸しタオルで毛穴をじっくり開いたり、メイクを毎回しっかり落とすことが効果があるようです。

毛穴の詰まりについては、本当に多くの女性が悩んでいて、お肌の悩みの中でも常に上位にランクインしています。

最近は芸能人でも、すっぴんを公開する人が増えましたが、すっぴんがキレイであるためには、毛穴の詰まりも解消しておかなければなりませんね。

タグ

化粧水の選び方

化粧水は、洗顔をした後、必須のアイテムです。

長年同じ化粧水を使い続けていて、自分のお肌にぴったり合っているという人は、幸せな人。

なかなか自分に合う化粧水が分からず、肌トラブルに悩むたびに新しい商品を試している人もいるでしょう。

化粧水の目的は、お肌の保湿です。

洗顔しただけでは、すぐにお肌が突っ張ってきてしまうので、化粧水で水分を補給する必要があります。

化粧水には、「さっぱりタイプ」と「しっとりタイプ」の2種類があることが多いですね。

好みの使いごこちでどちらかを選んでいる人もいると思いますが、実際に自分のお肌に合っているのか、悩むこともあるでしょう。

また、全体的に乾燥しがちだけれど、Tゾーンだけは脂っぽいという混合肌の場合、どの化粧水を選んだらよいか、迷いますね。

化粧水をお店で直接購入する人は、お肌診断をしてもらうと、自分にぴったりの化粧水が分かって良いと思います。

なんとなく肌診断を受けることに抵抗があったり、近くにそうしたお店がない場合は、通販で購入することもできます。

通販化粧品のattenir化粧品は、タイプ別の選べるトライアルセットのお試しから始めることができます。

 

タグ

洗顔方法いろいろ

モテ肌のためには、正しい洗顔をすることはもちろん大切。

洗顔は、朝晩する人が多いと思いますが、正しい洗顔をしている人は意外と少ないのかもしれません。

自分に合った、正しい洗顔方法を教わる機会って、なかなか無いですからね。

自分のお肌を鏡でよく観察して、ツヤやハリがあって、くすみも無ければ、そのままの洗顔方法でも大丈夫かもしれません。

でも、お肌の状態がイマイチだったり、肌トラブルがあるような場合は、洗顔を見直してみると良いでしょう。

一口に「洗顔」といっても、いろいろな方法があります。

  • 洗顔フォームで洗顔
  • 石鹸で洗顔
  • パウダータイプの洗顔料で洗顔
  • 泡立てネットを使って、たっぷりの泡で洗顔
  • スクラブ洗顔
  • 洗わない洗顔
  • ぬるま湯だけで洗顔
  • ダブル洗顔
  • 洗顔ブラシを使って洗顔

これらの洗顔は、たまたま購入した洗顔料を、とくに考えもなく使い続けている場合もあるでしょうし、本やテレビを参考にして行っている場合もあるでしょう。

大切なのは、洗顔方法が、自分のお肌に合ったものであることです。

 



 


タグ

このページの先頭へ