イメージ画像

コラーゲンを増やす成分配合のナールスピュア

化粧品ってどういう基準で選んでいますか?

ついつい半身半疑ではありながらも宣伝文句につられたり
ブランドイメージで選んでいることが多い気がします。



サンプルで肌との相性をチェックすることも可能だけど
本当の効果は、継続してみないとわからないもの。


そう考えると、複数の化粧品を同じ条件下で試すのは難しい・・・
あれこれ浮気するのも効果がわかりにくいし


他人の口コミも参考にはなるけど、肌は千差万別だから
絶対に当てはまるとも限りませんね。


だけど、ちょっとこれまでと違うコンセプトの化粧品が出たということで、興味を持ちました。

今、使ってるものと取り換えて使わなくてもよいので、
始めてみたいと思ったその日から試してみることもできます。

読売テレビの情報番組「 かんさい情報ネットten 」でみました。



売るために売れる化粧品を開発販売するという流れでなくて
有効成分を発見したから、研究を重ねて世のために商品化された化粧品!



高級美容クリームが¥2万¥3万とかしても売れるし買っちゃう今の世の中
実際は、びっくりの原価ってこともよく聞きますし。

でも、肌悩みを解決してくれるなら、キレイになるなら!
って願望も込めつつ、買い求める人が多いんでしょうね。


だけど、女優がCMでもバンバン宣伝していた洗顔石けんや、有名化粧品メーカーの美白化粧品を使っての深刻な肌トラブルも記憶に新しいことからも、テレビで見たからとか有名だから大丈夫なんていうのは危険かなと思いました。

広告や宣伝文句には魅力的なことが満載に並べられてました。


これからは、よいものと悪いものを見分ける力や
最低限の知識はあって損することはないのかなって思います。


先に紹介した大学発の成分ナールスゲンを配合して作られたナールスピュア
科学的根拠のあるというのがポイントですよね!

あるようでなかった画期的な化粧品だと思います。

派手な宣伝もしてなければ、商品そのものも飾り気のないシンプルさ。

でも知れば知る程に、魅力的に思えます。試してみたくなります。

ナールスピュアの口コミ



いったい、どれだけの数の化粧品が世の中にあるんだろう。

そんなにたくさんも無くてもいいから、それらの各メーカーのノウハウを
掛け合わせてひとつの商品を作れば、きっとよいものが生まれるのかな。

商品選びに迷うことも減るし。

なーんて考えてみました。





タグ

2013/11/18 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:化粧品の選びかた

化粧水の選び方

化粧水は、洗顔をした後、必須のアイテムです。

長年同じ化粧水を使い続けていて、自分のお肌にぴったり合っているという人は、幸せな人。

なかなか自分に合う化粧水が分からず、肌トラブルに悩むたびに新しい商品を試している人もいるでしょう。

化粧水の目的は、お肌の保湿です。

洗顔しただけでは、すぐにお肌が突っ張ってきてしまうので、化粧水で水分を補給する必要があります。

化粧水には、「さっぱりタイプ」と「しっとりタイプ」の2種類があることが多いですね。

好みの使いごこちでどちらかを選んでいる人もいると思いますが、実際に自分のお肌に合っているのか、悩むこともあるでしょう。

また、全体的に乾燥しがちだけれど、Tゾーンだけは脂っぽいという混合肌の場合、どの化粧水を選んだらよいか、迷いますね。

化粧水をお店で直接購入する人は、お肌診断をしてもらうと、自分にぴったりの化粧水が分かって良いと思います。

なんとなく肌診断を受けることに抵抗があったり、近くにそうしたお店がない場合は、通販で購入することもできます。

通販化粧品のattenir化粧品は、タイプ別の選べるトライアルセットのお試しから始めることができます。

 

タグ

自分にあった洗顔料選び

洗顔料には、チューブ入りの洗顔フォームや洗顔パウダー、石鹸など、いろいろな種類があります。

旅行先などで、いつもと違う洗顔料を使った時、お肌の状態が違ったりしませんか?

洗顔料によっても、お肌の状態は変化します。

とくに敏感肌の方や、お肌に何かトラブルをかかえた方は、注意して洗顔料を選んだ方が良いでしょう。

また、これまで使っていた洗顔料を変える時は、様子を見ながら切り替えていきましょう。

たとえば、洗浄力の強い洗顔料を初めて使う時などは、お肌の弱い方は、少しずつ慣らした方がいいかもしれません。

洗顔料を変えたことで、大人ニキビに悩まされていたお肌がツルツルになったり、毛穴の開きが気にならなくなったということはよくあります。

今のお肌の状態がイマイチだな、と思っていたら、洗顔料を変えてみるのも一つの方法です。

ただ、お肌のトラブルなどは、食生活やストレスにも大きく左右されますから、洗顔料を変えただけではダメな場合もあります。

タグ

このページの先頭へ